映画「20歳のソウル」に出演者ら、市立船橋高校定期演奏会に

大嶋辰男
[PR]

 来年夏、全国で公開される映画「20歳のソウル」に出演する俳優の神尾楓珠(ふうじゅ)さん、佐藤浩市さん、関西ジャニーズJr.の佐野晶哉さんが23日、物語の舞台となった市立船橋高校吹奏楽部の定期演奏会に駆けつけた。

 映画は同吹奏楽部の元部員で「市船soul(いちふなソウル)」を作曲した浅野大義(たいぎ)さんの物語。浅野さんは2017年、がんのため20歳で亡くなった。告別式には164人の卒業生らが駆けつけ、同曲を演奏して見送った。

 吹奏楽部顧問の高橋健一先生役を演じた佐藤浩市さんは、同校での撮影を振り返り、撮影に協力した吹奏楽部の部員たちを「みんな役者としては素人だけど、本気でこの映画にぶつかってくれた」とねぎらった。「大義くんも見てくれていると思う」と語った。(大嶋辰男)