第11回こんな白馬の騎士もいい 顔見えぬSNSの恋、勇気出した自撮り写真

有料会員記事

イスタンブール=高野裕介
[PR]

連載「それでも、あなたを」トルコ・パレスチナ編②

【トルコ編①】役所勤めの僕は、難民になった SNSで花嫁探すも、途切れた連絡

トルコで暮らす難民のワリード。ネットで恋人を探しますが、手足に障害があり女性から連絡が途絶えることも。そんな時、遠く離れた土地に住むアラアと知り合います。

 種子島より面積が小さい土地に約200万人が生きる、パレスチナ自治区ガザ

 2015年、24歳のアラアは、この世界有数の人口密集地で、ヘアサロンや歯科事務などの仕事を掛け持っていた。

 アラアは、この街が息苦しいと感じていた。今年の春、街を支配するイスラム組織ハマスとイスラエルとの大規模な軍事衝突は11日間も続いた。イスラエル軍の空爆などで、ガザにいた約250人の命が奪われた。

 戦闘による犠牲だけではない。イスラエルによる封鎖で経済は回らず、失業率は約5割。周囲の男女は、将来の暮らしの見通しが立たず、結婚に二の足を踏んでいた。

顔も姿も見たことはないけど…気になる男性が

 「楽しいよ。軽い気持ちでやるだけだし」。仕事くらいしか息抜きがなかったアラアは、いとこにそう誘われてフェイスブックのグループに参加した。

 見ず知らずの男の人たちと…

この記事は有料会員記事です。残り1932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る