「何よりも自由な状態が好き」だから 女性初に彩られた94年の人生

有料会員記事

編集委員・塩倉裕

惜別 中根千枝さん 「タテ社会の人間関係」著者・社会人類学

 敗戦後の占領が終わって日本が国際社会に復帰したのは1952年。そのわずか1年後、日本人が海外へ行くこと自体がまだ難しかった時期に、26歳でインドへ単身渡った。3年間にわたって人類学の現地調査に取り組み、ゾウの背中に乗って山岳ジャングルにも入り込んだ。

 ピンクのサリーを着て山麓の街を自転車で駆ける女性研究者の姿に、現地の人からは「日本からデモクラシーがやって来た」との声があがったという。

 英国へ転じて世界先端の人類学研究に触れ、イタリアでチベット史を学んだあと帰国した。

 外から母国を見つめるまなざしが、67年の著書「タテ社会の人間関係」に結実した。日本社会の構造を明快に説明した著作として、半世紀以上たった今でも読みつがれている。

古びないわけは

 日本社会の特徴はタテの原理…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。