見た目はドローン「空飛ぶクルマ」離陸に歓声 大阪万博で飛行目指す

有料会員記事

神崎卓征
【動画】「空飛ぶクルマ」が岡山の飛行場で試験飛行をした
[PR]

 「空飛ぶクルマ」の実用化を目指す団体によるデモフライトが23日、岡山県笠岡市の笠岡ふれあい空港であった。笠岡での飛行は6月以来2度目。干拓地のブロッコリー畑の上空を約5分間旋回し、トラブルは確認されなかった。団体は、2025年の大阪・関西万博で人を乗せた飛行を実現させたい、としている。

 団体は倉敷市の経営者らでつくる一般社団法人「MASC」。水島コンビナート周辺のものづくりの力を生かし、航空宇宙産業の拠点化を目指している。

 機体は中国のイーハン社製の…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2021年12月27日10時36分 投稿
    【視点】

    2025年の大阪・関西万博に向けて、今年は各社の「空飛ぶクルマ」の開発が加速した1年でした。最近では、エアモビリティのスタートアップであるSkyDriveが、10月に大阪港中央突堤で海上飛行試験を公開。また、ANAらは11月に、SkyDri