第13回苦しい生活、それでも底抜けに明るい2人 そっと背中を押したい

有料会員記事

イスタンブール=高野裕介
[PR]

連載「それでも、あなたを」トルコ編 取材を終えて

 「仕事は紹介してくれますか?」

 ワリードさんに取材依頼の電話を入れたとき、開口一番そう言われました。なかなか職が見つからないのだと。彼にとっては、取材を受けることなんかよりも、収入を得て家族を支えることの方が断然大切なことでした。

 私はこれまでイラクシリア、ジブチやパキスタンなどで、戦争や迫害を逃れてインフラも整わない場所や、難民キャンプで暮らす人たちに接してきました。

 温かく迎えられましたが、援助関係者ではなく記者だと知ると、がっかりした表情を浮かべる人も多かったです。「外国に行く手助けをしてくれますか」「日本政府の人に引き合わせてくれませんか」。そのたびに、何もできない自分が情けなくなります。

 だから、ワリードさんの家を訪ねるときも、正直、気が重かったのです。

 でも、ワリードさんは、慣れ…

この記事は有料会員記事です。残り778文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る