監督の「直感」でプラン変更 仙台育英、先行逃げ切りV 高校駅伝

会員記事

山口裕起
[PR]

(26日、全国高校駅伝女子)

 最終5区。仙台育英のアンカー、須郷柚菜(1年)が独走で競技場に戻ってきた。「たくさんリードがあったので、気持ちよく走れました」。振り返ってライバルたちを確認するそぶりもない。笑顔で右手を突き上げた。

 「超前半型」のオーダーがはまった。1区のエース米沢奈々香(3年)は「私で流れをつくる」とスタート直後に飛び出す。今夏の総体で1500メートル2位、3000メートル3位に入ったスピードを生かし、最初の1キロを3分2秒で通過。力強い腕の振りは最後まで衰えず、2位と30秒差をつけた。

 2区杉森心音(ここね)(2年)、3区山中菜摘(3年)がこの勢いを加速させる。ともに区間最高の走りで続き、4区につなぐ時点で2位に1分15秒差。単独最多、5度目の優勝を大きく引き寄せた。

 この展開に誰よりも驚いたの…

この記事は会員記事です。残り257文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。