今年20歳の藤井聡太竜王、「道」極める思い語る 好きな正月料理も

有料会員記事

村瀬信也
藤井聡太竜王、好きなおせちは?「キノコ、以前より食べられるように」~将棋の「道」を極める思い語る~=高津祐典撮影
[PR]

 将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が、2022年の幕開けに合わせて報道各社の合同記者会見に応じた。タイトルを二つ加えて四冠となった昨年の活躍について、「実力以上の結果を出せた。非常に充実した1年だった」と振り返った。20歳を迎える2022年については、「(1月9日に開幕する)王将戦からタイトル戦がしばらく続く。しっかりコンディションを整えて、いい将棋が指せれば」と抱負を語った。

 藤井竜王は昨年、叡王と竜王を獲得して史上最年少、10代初の四冠となった。王将戦七番勝負では渡辺明王将(37)=名人・棋王と合わせ三冠=に挑戦する。昨年12月に行われた会見では、好きな正月料理や色紙の文字に込められた思いなどについても語った。

 一問一答は次の通り。

 ――2021年を振り返って。10代でやっておきたいことは。

 「叡王と竜王という二つのタイトルを獲得して、自分の実力以上の結果を出すことができた。他にも棋聖戦王位戦の防衛戦を含めて、大きな舞台の対局をたくさん経験して非常に充実した1年だったと感じている。それ以外はこれまでと同じように健康に過ごすことができたと思う。10代のうちにやっておかないといけないことは特にないと思うので、意識していない」

 ――追われる立場になったことについて意識することはあるか。最年少五冠への意識は。

 「11月に竜王を獲得することができて、四冠になった。過去に竜王になられた方は偉大な棋士ばかりで光栄に思っている。将棋を指す上で立場の違いは関係ないことなので、意識することはないと思っている。1月から王将戦のタイトル戦が始まる。いい内容の将棋にできるように、と思っている」

 ――渡辺名人豊島将之九段とのタイトル戦を振り返って、2人の印象は。

 「渡辺名人とは今年(2021年)の棋聖戦で対戦して、結果は幸いしたが内容的には際どい将棋が多かった。序中盤のプラン、戦略の面でペースをつかまれた将棋も多く、渡辺名人の強さを感じたシリーズだった。豊島九段とは三つのタイトル戦で続けて対戦することになり、こちらが気づいていない構想を示されてリードされることが多かったという印象がある。豊島九段の強さを感じると共に自分の課題をつき付けられたという印象でもあった」

 ――印象に残ったタイトル戦、対局は。その理由は。

 「もちろんどのシリーズも印象に残っているが、一つ挙げるとしたらフルセットになった叡王戦。第4局は完敗だったが、際どい内容の将棋が多くて印象に残っている。それ以外の対局では、王将リーグの豊島九段戦と羽生(善治)九段戦。どちらも中盤から珍しい形になって応酬が続いて、難解な将棋だったので印象に残っている」

 ――NHK杯やJT杯などの超早指し戦で思うような結果が出せていない。

 「長時間の対局に比べて結果が出ていない。内容を振り返ると、途中でわかりやすいミスが出てしまっていることが多いので、それを減らすことが重要かなと感じている」

 ――将棋でこの1年、成長したと感じることは。

 「一つあげると、相懸かりという戦型を先手番で指すようになって、いろいろ初めてわかったこともある。それ以外の戦型に関しても序盤の理解が深まってきている部分はあるのかなと思う」

 ――ABEMA将棋をご覧になっているみなさんへメッセージを。

 「いつもご観戦いただき、ありがとうございます。2022年、より面白い将棋を見せられるよう頑張っていきたい。よろしくお願いします」

 ――デビューから6年となる。変わったこと、変わらなかったことは。

 「デビュー戦が2016年の12月なので、5年と少しということになると思う。基本的には変わらないことが多いと思うが、タイトル戦で地方で対局することも増えたので、楽しみでもあり、モチベーションになっている」

 ――弟子入りを受け入れる考えは。

 「現時点では特に考えていな…

この記事は有料会員記事です。残り3676文字有料会員になると続きをお読みいただけます。