第5回還暦を経てミニスカートを履いた覚悟 投票所の性別確認に投じた一石

有料会員記事

岩尾真宏
[PR]

 けげんな表情は、10年ほど経た今も忘れられない。選挙の投票所の受付で、顔と資料を見比べながら名前や生年月日を確認された。「本人で間違いないですね」。そう念押しされた。

 間違いは何もない。投票所入場券の性別は「男性」だが、自認する性別は女性。自分らしくミニスカート姿で出向いた。周りに聞こえるような声で、本人確認の作業が続いた。「なにごとか」と、注目が集まる。ミニスカート姿で投票に行ったのは、この時が初めてだった。「普通」に投票に行くことで、こんなにも嫌な思いをするのか――。

 岐阜県各務原市の雪斎(せっさい)さん(74)は、生まれた時にあてがわれた性と異なる性で暮らすトランスジェンダーだ。投票所入場券に性別の記載を無くす活動に取り組む。

 様々な亀裂が生じ、分断が進んでいるように見える今の日本社会。手を取り合ってつながろうとする動きや人たちを追う連載の第5回です。「私たちは少数者ではない」と訴える雪斎さんの指摘とは。

「いい年したジジイが…」中傷受けても

 トランスジェンダーの人の中には、大っぴらに性別を確認されることを恐れ、投票に行かない人もいる。「なりすましを防ぐためとの理由は分かるが、小声で確認するなどの配慮も必要では。そもそも入場券に記載しなくても、行政側は性別は分かる」と話す。

 男性の自分に違和感を覚えた…

この記事は有料会員記事です。残り1163文字有料会員になると続きをお読みいただけます。