藤井聡太竜王らの西軍、羽生善治九段らの東軍破る 将棋・東西対抗戦

村瀬信也
[PR]

 ファン投票で選ばれた棋士と予選を勝ち抜いた棋士が出場する「SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2021」が26日、東京都渋谷区明治神宮会館で行われ、藤井聡太竜王(19)らが所属する西軍が東軍に勝った。約500人のファンがスター棋士の対局やトークショーなどのイベントを楽しんだ。

 同対抗戦は今年新設された準公式戦。東軍のメンバーは羽生善治九段(51)、永瀬拓矢王座(29)、佐藤秀司八段(54)、横山泰明七段(41)、戸辺誠七段(35)。西軍は藤井竜王、豊島将之九段(31)、稲葉陽八段(33)、澤田真吾七段(30)、古賀悠聖四段(20)。ファン投票で選ばれたのは東軍の羽生九段(関東1位)と永瀬王座(関東2位)、西軍の藤井竜王(関西1位)と豊島九段(関西2位)。他の6人は予選を勝ち抜いて出場を決めた。

 対戦カードは戸辺七段―澤田七段、横山七段―豊島九段、永瀬王座―古賀四段、佐藤八段―藤井竜王、羽生九段―稲葉八段。初手から1手30秒未満で指す早指し戦を戦い、いずれも西軍の棋士が勝ち、5勝0敗で東軍を下した。

 その後、エキシビションマッチとして、東軍の羽生九段と永瀬王座、西軍の藤井竜王と豊島九段がペアを組んで指すリレー将棋が行われ、西軍ペアがうまく攻めをつなげて勝った。

 西軍代表の藤井竜王は「チームの方に支えられて勝つことができて、とてもうれしく思っている。エキシビションマッチでは豊島九段とペアを組んで対局するという貴重な経験ができて、良い思い出になった」と話した。村瀬信也