アクセルジャンプ、名前の由来はノルウェー選手 139年前に跳んだ

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権で羽生結弦が挑戦した「4回転半(クワッドアクセル)ジャンプ」。この「アクセルジャンプ」は、約140年前から進化を続けている。

 最初のアクセルは1882年。ノルウェーのアクセル・パウルゼンが国際競技会で初めて1回転半のジャンプを披露したとされる。アクセルの名前が、ジャンプ名の由来となった。

 アクセルは他のジャンプよりも半回転多い分、6種類の中で最も難度が高い。1回転半からさらに1回転が増えるまでに約60年かかった。

 1948年のサンモリッツ・オリンピック(五輪)でディック・バトン(米国)が2回転半ジャンプを成功させた。バトンは当時18歳で、金メダルに輝いた。

 そして2回転半から30年。1978年の世界選手権でバーン・テイラー(カナダ)が最初に3回転半を跳んだ。

 羽生が4回転半ジャンプに成功すれば、もちろん史上初の快挙だ。

 ちなみに考案者が技名になっ…

この記事は有料会員記事です。残り98文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]