三浦佳生、大健闘の4位 16歳で挑んだ全日本「4年後は自分が」

[PR]

(フィギュアスケート全日本選手権男子・12月26日)

 全日本ジュニアを制した16歳の三浦佳生が4位と大健闘した。「大舞台で緊張したけど、100点満点をあげたい」と話した。

 4本の4回転に挑戦。初めて試合に組み込んだ4回転ループに失敗したが、残り3本は決めてみせた。

 北京五輪代表を争う全日本を体感し、次の五輪を目指す気持ちを新たにした。

 「4年後は自分が五輪出場を争う立場になって、この経験を生かしたい」

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]