議論続いたアイスダンス代表選考 伯仲だからこそ「全日本優勝者を」

[PR]

フィギュアスケート北京五輪代表選考

 北京五輪代表選考の過程について、日本スケート連盟竹内洋フィギュア強化部長が説明した。

 小松原美里、尊組(倉敷ク)と村元哉中高橋大輔組(関大ク)が争ったアイスダンスについては、「競技力が拮抗(きっこう)していて、様々な議論があった」。両組は計四つの選考項目の二つずつを分け合い、全日本選手権での点差も近接。実力伯仲だったからこそ、「やはり最後は全日本チャンピオン(の小松原組)を選出しようと決まった」という。

 ただ、競技力が近いため、世界選手権(3月、フランス)には村元、高橋組の派遣を決めた。

 女子の3枠目は国際大会で実績のある三原舞依シスメックス)、宮原知子(木下グループ)らとの比較の結果、全日本3位の17歳、河辺愛菜(木下アカデミー)を選出。「五輪に向け若い世代に頑張って頂くことが3枠目としては必要。競技力も申し分ない」と語り、将来性も加味したことを明かした。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]