第16回空港のトイレ、男に渡した全財産 指示された出国窓口に向かうと…

有料会員記事

マイアミ=岡田玄

【ベネズエラ編①】国中が停電した夜、別れを決意した私 憧れだった彼は弾圧で墜ちた

ベネズエラの記者メラニオ・エスコバルは、恋人のアンドレリス・ラミレスを追いかけてマイアミ行きを決めました。しかし個人情報が抹消されて、パスポート更新ができず、窮地に陥りました。メラニオは知り合いの知り合いから、一つの「作戦」を提案されました。

[PR]

 空港の中の「ある人物」が、メラニオが出国できるよう「調整してくれる」。メラニオは普通の乗客のように、正規の窓口から飛行機に乗り込めるというのだ。

 わなかもしれない。信じていいのだろうか。拘束されるかもしれないが、時間がない。この案にかけることにした。

 その夜、メラニオは前妻との息子で7歳のアレハンドロを家に呼んだ。

 3カ月後に1度、ベネズエラ…

この記事は有料会員記事です。残り2669文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る