尼崎の歓楽街「かんなみ新地」70年の歴史に幕 「無法地帯」に何が

聞き手・中塚久美子
写真・図版
警告後、店先にパトカーが停留する「かんなみ新地」。営業休止を経て現在、弁当販売などで再開している店もある=兵庫県尼崎市神田南通3
[PR]

 かんなみ新地と呼ばれる兵庫県尼崎市の「歓楽街」が約70年の歴史に幕を下ろした。11月1日に市と尼崎南署の連名で警告書が出され、直後に店側が一斉に営業を休止した。小学校が近くにあり、市民からは長年「違法風俗」の取り締まりを求める声があった。なぜ今、事態が動いたのか。

 阪神尼崎駅から西へ1キロ弱、木造2、3階建ての建物が並ぶ一画に、「かんなみ新地」はあった。約100メートル先は小学校だ。

 飲食店の形態をとっていたが、警告書は、実際には性的サービスの提供を目的としている疑いを指摘し、性風俗店の営業禁止区域であることから直ちに中止を求めた。市保健所によると、飲食店営業許可を出していたのは36店。警告後、13店から廃業届があった。

 近くの小学校に子どもを通わせる母親(46)は「結婚後引っ越してきてから知って驚いた」と話す。扉が全開で客引きの様子も丸見えだったという。学童保育帰りや塾通いの子どもらが前を通る。別の母親(37)は「お姫様みたいな人おるけど何してるん? と娘に聞かれてごまかすしかなかった」と苦笑いする。

 週末には県外ナンバーの車が一方通行を逆走したり、店での行為をコンビニで話したり、治安上よくなかったという。「ずっと無法地帯だったのが謎です」

 近くに住む女性(80)は「見て見ぬふり。私ら個人ではどうしようもできないから」と諦めていた。

記事の後半では、市や警察に取材した結果を記しています。また、1枚の警告書から一斉閉店へと動いたことをどう捉えるべきか、歴史の流れから考えます。

 市は苦情がある度に警察に確認と取り締まりを依頼してきたが、解決にいたらなかったという。梶本修司・危機管理安全局長は「市に直接行使できるものがない」という。だが、近年はひったくり防止から暴力団排除まで、警察との連携が進み、事態が動いた。

 尼崎南署によれば、過去にも検挙していたが、すぐ元の営業形態に戻っていったという。岩田克之副署長は「すんなり言うことを聞くのは意外だった」とし、「対策しなければといういろんな人の思いがたまたま重なった。暴力団排除と同じで、警察が捕まえるだけでは解決しない」とみる。

 稲村和美市長も11月の定例会見で「こんなに一斉に閉めるようになるとは思わなかった。市と警察が組むことで、摘発を辞さないということがすぐ伝わった」と強調した。働いていた人の生活相談として、廃業届の提出時に、支援窓口のチラシを渡しているという。

 かんなみ新地の終わり方は、歴史の流れからどう位置づけられるのか。戦前の遊郭の女性について詳しい女性史研究者の山家(やんべ)悠平さんに聞きました。

――1枚の警告書から一斉閉店へと動きました。

 黙認から、いきなり排除というスタイルは歴史的に繰り返されてきました。

 戦前、政府公認の管理売春制度である公娼(こうしょう)制度、いわゆる遊郭(ゆうかく)があった。戦後廃止され、1956年に売春防止法ができるまで特殊飲食店の許可で売春できたのが赤線、飲食店の届け出で非合法なのが青線と呼ばれた。かんなみは青線由来と言えます。

 売春防止法の制定をめぐり、赤線のセックスワーカーらは労働組合をつくり、いま犯罪化されると食べていけないと訴えました。多くの女性たちには扶養者がいたからです。特殊飲食店は労働法の対象だったので労働運動が可能でした。転業支援のための資金を求める活動もしましたが、認められなかった。おそらく半数以上の女性が周辺の青線へ流れていきました。

 戦前は国策だったのに、犯罪化されて散り散りに。目の前から見えなくなればいいというスタンスで日本の売買春政策が動いてきたのです。

――なぜでしょうか。

 そこで働く女性たちを、どのようなまなざしで見てきたかという問題が根底にあります。1872年に「芸娼妓(げいしょうぎ)解放令」が出るのですが、政府は貧困を理由にした売春を「許容」する、という欺瞞(ぎまん)的な立場をとりました。実際には、公娼制度は登録制で税金をとり、管理売春業者を保護する政策だったのに、売春防止法で犯罪化し、女性たちの生活保障もしない。その無責任さがずっとあり、今回も歴史を見直すことでとらえ直すことができます。

――性産業はどう位置づけられてきましたか。

 女性の低賃金や不安定雇用といった非正規問題の周縁に性産業が位置します。戦時経済では引っ張り出されて働き、戦後は真っ先に首を切られた。疎外された女性たちがたどり着いた「労働」が性産業だったという歴史があります。

 疎外されている人たちは気にも留められていなかった。セックスワーカーの発言力が弱いことと、社会的に見えないことにされてきた偏見の強さが背景にあると思います。

――一方、風俗店がなくなると性暴力が増えると主張する人がいます。政府の調査で、被害者と加害者に面識がなかったのは1割ほどにもかかわらず、です。

 その言説は戦前からです。公娼制度に反対する廃娼(はいしょう)運動は1880年代に群馬県で始まりましたが、制度擁護論の側から「そういう場所が減ったら良家の子女が脅かされる」という議論が頻繁にされています。

 敗戦直後には、政府が特殊慰安施設のような形で米兵の相手をする女性を集めました。プロ集団をつくって性犯罪を防ぐんだと。風俗が減ると性犯罪が増える議論はかなり根強く、歴史の中で繰り返されてきました。

 性犯罪は顔見知りで起きているという事実を口酸っぱく言っていくしかない。風俗がある・なしではなく、性暴力を許容するような文化的風土がある。それは一方で、告発することの難しさ、声をあげた人を適切に扱ってこられなかったことでもあります。

――どういうことですか。

 セックスワーカーがしっかり発言できる社会は、性暴力の告発もしやすい社会になるのではないかということです。1926年に象徴的事件がありました。遊郭のなかの女性が、警察に駆け込んだりストライキしたり、運動が一番盛り上がった年です。新聞も社説で公娼制度を廃止すべきだと書いていました。

 長崎で遊郭の楼主に強姦(ごうかん)されたと訴える事件が新聞で伝えられています。客の相手をすることと、楼主からの性暴力は違うということを当事者が発言できたことにびっくりした。社会的に注目が集まり、発言が受け止められる時代になると、声をあげやすくなる。アンダーグラウンド化して見えないようにするのが一番よくないです。

――かんなみ新地の終わり方から何が言えますか。

 歴史的流れを押さえないといけない。遊郭や売春の歴史が語られる時、男性側の郷愁と、廃娼運動や女性史研究側の可哀想という哀史のイメージと、今この二つしかないのが問題です。

 中で働く人にも扶養家族がいて、生活者であり、実際にストライキや不正への抗議という形で闘っていた。哀愁や偏見ではなく、人間として生きていた女性たちというイメージがある程度共有されていくようになれば、現代でも見えないようにするのではなく、もっと話したり考えたりしていく土台ができるのではないでしょうか。犯罪か黙認かという関係のあり方は不健全で、周りの不安をあおります。対話もなく黙認し、いきなりやめなさい、というのには気持ち悪さが残ります。(聞き手・中塚久美子

写真・図版
山家悠平さん

 やんべゆうへい 1976年生まれ。京都芸術大学非常勤講師。著書に「遊廓(ゆうかく)のストライキ」。