28日までにさらに90cmの降雪予想も 東京・練馬で零下3.4度

[PR]

 「数年に一度」の強い寒気で27日も大雪の影響が各地に出ている。気象庁によると、北日本の上空約5キロに零下45度以下の寒気が流れ込み、太平洋側でも大雪が観測されている。大雪は28日まで続く見込みという。

 27日明け方までの24時間降雪量は、兵庫県朝来市で71センチ、滋賀県彦根市で68センチといずれも観測史上最多を記録した。このほか群馬県みなかみ町で70センチ、福島県只見町で64センチを観測。冷え込みも厳しく、東京都練馬区では最低気温が零下3・4度となり、12月の観測史上最も寒くなった。

 交通にも影響が出ている。27日未明にはJR琵琶湖米原駅滋賀県米原市)に到着予定だった電車など計4本が足止めとなり、他も一時発車を見合わせた。日本航空は北海道に発着する10便を欠航。全日空も18便が欠航する。高速道路も通行止めが相次いだ。

 大雪は28日まで続く見通しで、28日午前6時までの24時間に予想される降雪量は北陸90センチ▽東海、近畿80センチ▽東北60センチ▽関東甲信50センチ▽中国40センチ▽九州北部15センチ▽四国、九州南部5センチ。気象庁は路面の凍結による交通障害に警戒を呼びかけている。