桂文珍・オール阪神巨人の笑いに震えた 「花月」で誓った芸人の志

有料会員記事

岡純太郎
[PR]

 ドーンという衝撃音と共に、体が運転席にたたきつけられた。

 1984年夏のある朝、大平まさひこ(現在56)は岡山市内の交差点にいた。車で信号待ちをしていたところ、後ろから追突された。

 首に痛みが走った。むち打ちのようになり、近くの病院に運ばれた。

 幸い命に別条はなく、その日のうちに退院したが、頭痛やめまいの後遺症が残り、もう一つの命が奪われた。

 選手生命だ。

 同市出身。小さい頃からサッ…

この記事は有料会員記事です。残り2052文字有料会員になると続きをお読みいただけます。