証券、銀行業界が金融教育で連携へ 学校・会社に講師派遣

稲垣千駿
[PR]

 日本証券業協会全国銀行協会は27日、金融教育と、子どもや若者の貧困対策で協力すると発表した。金融リテラシー(知識)向上のために学校や会社に講師を派遣する事業を全国へ広げる。協会の人材をお互いに生かし、貧困問題に関するセミナーなども開く。

 日証協の調査に資産形成の教育を受けたと明確に答えた人は6.4%だ。日証協の森田敏夫会長は会見で、この割合を増やすことが重要だとし、「連携して規模を拡大し、みなさんに金融教育を受けてもらえるようにしたい」と述べた。全銀協の高島誠会長も「より広く、中立性を持って色んなコミュニティーにアクセスする機会になる」と話した。(稲垣千駿)

  • commentatorHeader
    神内聡
    (弁護士〈スクールロイヤー〉・高校教師)
    2021年12月29日12時46分 投稿

    【視点】金融教育は私個人も必要だと考えているため、こうした動きを否定するものではありませんが、一方ではこうした「○○教育」が教員の長時間労働の一因になっているのも事実です。外部講師を派遣するのはよいですが、同時に学校は金融教育だけでなく、他の○○教