子育てとプロゲーマーの両立、私は挑戦する「ここが自分の居場所だ」

有料会員記事

丸山ひかり
[PR]

 大会会場に集まった観客が同じゲーム画面を見つめ、プレーに歓声を上げる――。「eスポーツ」のプロ選手として世界で活躍するゆうゆうさんが、好きな瞬間だ。画面を通じて人とのつながりを感じられるような気がするから。高校3年生で、ゲームセンターに足を踏み入れた時はひとりぼっちだった。

 ゆうゆうさんは格闘ゲーム「鉄拳」の選手で、埼玉県内在住。北米のプロチームに所属し、海外の強豪と戦っている。ツイッターのフォロワーは3・2万人。自宅から配信するオンライン対戦に世界中からコメントが寄せられる。

 昔は「ゲームなんてやってていいの」と祖母に心配されていた。「あの頃の自分に、『将来、プロゲーマーという職業が生まれ、ゲームでお金がもらえるようになるよ』と教えても信じないと思う」

 すべては高3の秋、ふらりと入った出身地・愛知県のゲームセンターから始まった。

秘密基地のようだったゲームセンター

 当時、学校に親しい友人はい…

この記事は有料会員記事です。残り1435文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら