(魂の中小企業)段ボールの可能性は無限だ! 震災きっかけに気づく

有料会員記事

[PR]

 宅配の荷物、引っ越し。段ボール箱は欠かせません。けれど、その箱のほとんどは、用が済むと捨てられてしまいます。

 世の中の物流を支えています。段ボール会社で働くみなさんの努力には感謝しかありません。ですが、段ボール会社の人たちの中には、捨てられることに、少しむなしさを感じる方がいらっしゃるようです。

 ものづくりの町である大阪の東大阪市、「マツダ紙工業」という段ボールづくりの会社があります。1958年創業で、社員は25人ほど。

 ここの2代目、松田和人さん(58)も、かつては、そんなむなしさを感じていました。

 ですが、いまは違います。

 タンス、机、玩具……。さまざまな段ボール製品を開発し、つくっています。捨てられることなく、消費者に使われています。

 「段ボールの可能性は無限です」

 そう語る松田さん。そこに至るまでのストーリーです。

    ◇

 松田は次男なので、家業は関係ないと思っていた。付属高校から私大の経営学科に進む。単位をチャッチャと取り、飲食店などでバイトざんまい。自分は何をしたいのかを見つけるためだったが、見つからなかった。

 経済の勉強になるだろうと思い、中堅の証券会社に入った。同期の入社は150人ほどいた。新入社員の配属先が発表される。あいつは梅田支店、あいつは難波支店……。関西の都会の支店に配属されていく。

 松田はというと……、ある大阪の地方都市の営業所だった。同期のヤツが笑った。

 「おまえ、入社早々、左遷やな」

 松田は燃えた。負けへんぞ!

 営業所は、商店街の一角にあった。そのころの証券会社は、とにかく飛び込み営業、の時代だった。同期たちが1日100件飛び込んでいる、などと聞くと、松田は燃えた。

 〈だったら、俺は最低150件や〉

 松田が回ったのは個人宅。立派な家だと思ったら飛び込んだ。門前払いを食らう。別の家へ。そこもダメ……。その連続だった。門前払いされても、何度も何度も行った。

 2~3週間たった。各地にちらばった新入社員たちの成績が、社内で公開された。営業所の上司に呼ばれた。

 「松田くん、見てみい。みんなすごいやないか。キミは一件もないなあ」

 〈くそー、負けへんぞ〉

 はじめてのお客さんができた…

この記事は有料会員記事です。残り1769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。