マクドがありなら、モスバもあり? 関西の省略語の法則

有料会員記事

田中章博
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 せっかちで知られる関西人。言葉の省略に、独特の法則があることをご存じですか? 一刻を争う現場でも実用的なようです。

 モスバーガーを縮める呼び名は、「モス」なのか「モスバ」なのか。

 元NMB48の山本彩(さやか)さんが一昨年、「モスバって言ったら笑われたんですけど言いません?」とツイッターでつぶやくと、「モスでしょ」という反応が大多数。それをモスバーガーの公式ツイッターが「新しい呼び名」と公式認定し、話題になった。

 山本さんは大阪出身。関西ならではの縮め方は、同じファストフードのマクドナルドが有名だ。東の「マック」に対し、関西は「マクド」と呼ぶ。テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、関東は「USJ」、関西は「ユニバ」。ファミレスのサイゼリヤなら「サイゼ」、居酒屋の鳥貴族は「トリキ」となる。

関東の尾残し、関西の頭残し

 どうやら、言葉を冒頭の3音あたりでずばっと切って縮める習性が関西人にはあるようだ。しかも「まいど」と同じアクセントで。

 言葉の使われ方や関西方言に詳しい甲南大の都染(つぞめ)直也教授は言う。「2音目にアクセントがあって『低高低(ひくたかひく)』となるのは、関西人が最も落ち着くタイプの一つです」

 この省略語、関西は「頭残し…

この記事は有料会員記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら