JR西社長「輸送密度2千人以下は非効率」 路線見直しに目安

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 JR西日本の長谷川一明社長が朝日新聞のインタビューに応じ、経営悪化で維持が難しくなっているローカル線について、輸送密度(1キロあたりの1日平均利用者数)が「2千人以下」の区間で優先的にサービスを見直す考えを明らかにした。同社が具体的な見直しの目安を示すのは初めて。2千人以下の区間は、同社の在来線全体の3割超にのぼる。

 コロナ禍で鉄道利用者は急減しており、同社の2021年3月期の決算は、最終的なもうけを示す純損益が2332億円の赤字(前年は893億円の黒字)だった。22年3月期も1千億円規模の赤字を見込む。1987年の民営化以来、初めて2年続けて巨額赤字を計上することになる。

 これまでは新幹線近畿圏都市部の在来線などの利益をまわす形で、採算が厳しいローカル線を維持してきた。だが都市部でも利益が減り、今後も以前の水準まで利用が回復することは見込みにくいため、余裕がなくなっている。

 長谷川社長はインタビューで「(輸送密度が)2千人以下のところは大量輸送機関である鉄道の特性を生かせず、非効率だ。非効率な仕組みを民間企業として続けていくことが、現実的に難しくなっている」と述べた。

記事後半では、輸送密度2千人以下の全区間を一覧にしているほか、インタビューの主なやりとりも掲載しています。

 線路の点検費や車両の維持費…

この記事は有料会員記事です。残り2430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら