羽生結弦、限界を超える1年に 前人未到の大技と五輪3連覇への歩み

有料会員記事

岩佐友
写真・図版
全日本選手権の男子SPで演技をする羽生結弦=角野貴之撮影
[PR]

 羽生結弦(ANA)がこの4年間、口癖のように繰り返した言葉がある。

 「自分の限界に挑みたい」

 前人未到のクワッドアクセル(4回転半)の成功をひたすら追い続けた。

写真・図版
全日本選手権の男子フリーでクワッドアクセル(4回転半)に挑む羽生結弦=角野貴之撮影

 五輪を連覇した後も、絶対王者は自分を超えることに注力してきた。

 それは幼少期から変わらない。羽生を指導した都築章一郎さん(83)は言う。「3回転ができたら、4回転、5回転だと伝えていた。その気持ちを持っていれば何かが生まれる。思わないと何も生まれない。羽生はイメージして、本当にできてしまう力があった」

 4回転ループを世界初成功させた2016年の秋に羽生は語っていた。

 羽生結弦が3連覇をかけるオリンピックイヤーが幕を開けました。記事の末尾では、2000年から2021年までの羽生の写真と年表で振り返ったコラージュをご覧いただけます。着物姿のオフショット写真も。紙面では1月1日付朝刊の別刷り第4部に掲載されています。

 「やっぱり挑戦することに生…

この記事は有料会員記事です。残り476文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]