金曜の夜に小さな彩りを 東京・祖父の写真館で始めた「お花やさん」

有料会員記事

本間ほのみ
[PR]

 花を置こうかな、この常夜灯の下に。時間は金曜の日暮れから。名前は「よるだけのお花やさん」にしよう。

 澤田鈴子さん(42)は、そんな思いで今年7月から「お花やさん」を始めた。場所は、自身が運営する「澤田写真館」(東京都文京区本駒込)の軒先。金曜の夕方になると、階段の一段一段に、赤、白、紫と色鮮やかな花を並べる。立てかけた黒板には「1本からお気軽にどうぞ♪」とチョークで書いた。

 店員はいない。道行く人が足を止め、一輪手に取り、箱の中にお金を入れていく。写真館の玄関に掲げられた常夜灯の明かりの下で、花と客との静かな会話が夜遅くまで続く。

 お花やさんを始めた頃、都内では新型コロナの感染が拡大していた。東京五輪の開幕が2週間後に迫っているのに、街に活気はなく、夜になると周辺の店が次々と閉まっていった。

 静まりかえる街を見て、鈴子さんは思った。「帰り道のコンビニで必要な物だけを買う生活では、心がくたびれてしまう。季節を感じたり、きれいなものを見たりしないと」。真っ暗な夜に、小さな彩りを。1週間頑張ったご褒美にささやかな安らぎを。そんな願いで、金曜の夜、花の無人販売を始めることにした。

 夜にした理由は、もう一つあった。大好きな祖父、政恒さんからの教えだ。

■「街が暗いと危ない」 祖父…

この記事は有料会員記事です。残り1177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。