第2回官邸より総裁室、党を重視する岸田首相 見据えるのは「黄金の3年」

有料会員記事

笹井継夫
[PR]

 自民党本部4階にある総裁執務室。昨年11月30日、首相で総裁の岸田文雄と副総裁の麻生太郎、幹事長の茂木敏充参院選の投開票日を協議していた。

 「参院側は、できるだけ早い方がいいと言っている」。通常国会の召集日と参院選の日程を組み合わせた複数のシナリオを示した資料を手元に、岸田は述べた。7月10日や17日、24日が投開票日候補だったが、事実上、10日を推した。

 17日だと若者の投票率が下がることが想定される3連休ということもあり、麻生は「今の自民党は若者の支持が強いですからねえ。投票率は森政権なら低いほうがいいが、いまは高いほうがいい」。

 茂木は「公示日が沖縄慰霊の日(6月23日)と重なるので1日早めては」と述べ、政権が最重視する参院選の日程が固まっていった。

 岸田政権の発足から3カ月。安倍長期政権が終わり、菅政権の1年余りでの退場を経て誕生した政権は、首相官邸、自民党、霞が関のありようを変容させている。新政権の現在地を検証する。(敬称略)

「官邸にいると情報が入らない」

 歴代総裁は首相に就いて官邸にいることが多い。総裁執務室を活用する機会は少ないが、岸田は好んで足を運び、政権の重要課題を協議する。昨年11月から12月に党本部に入ったのは13回。2020年の同じ時期に前首相の菅義偉が7回、19年に元首相の安倍晋三が1回だったのに比べて抜きんでている。

 安倍・菅両政権では官邸の力…

この記事は有料会員記事です。残り1470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    林尚行
    (朝日新聞政治部長=政治、経済、政策)
    2022年1月6日14時30分 投稿

    【視点】ファンであるところのプチ鹿島さんと同じ見立てだったことにうれしさいっぱいの林です。小渕恵三さん的な総理になる気配を見せている岸田さんですが、今回の政権3カ月検証は、いわゆる「密室の協議」のシーンから始まっています。古いと言われるかもしれませ

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年1月6日11時57分 投稿

    【視点】岸田政権の発足から3カ月。各紙の振り返り・検証記事を読むのが最近の楽しみです。私は政権発足直後に「過去の政権では誰に似ているか」と考えました。浮かんだのは「宮澤喜一」「村山富市」でした。安倍氏や麻生氏が岸田当選に影響力を持った総裁選を見たら