混浴文化は残せるか?マナー問題で減少 「かつて男女関係なく交流」

有料会員記事

西晃奈
【動画】マナーの問題から減りつつある混浴文化の今を追った=西晃奈撮影
[PR]

 寒さが厳しくなると恋しくなる温泉。数々の名湯がある北東北では混浴も多いが、全国的にはマナー違反の問題から減りつつある。性別に関係なく入りやすくし、混浴を文化として残そうと、新しい試みが始まっている。(西晃奈)

 青森・八甲田山系の西麓(せいろく)にある酸ケ湯温泉。160畳ほどの広さがあるヒバ千人風呂で昨年11月末、ある「実験」が行われた。男性は半ズボン、女性は肩が出るワンピースとズボンの「湯あみ着」を着て、入浴してもらうものだ。

 東京都足立区から来た60代の女性は、同じツアーで知り合った神奈川県鎌倉市の60代の男性と風呂で偶然一緒になった。「裸で入りたいけど、湯あみ着がなかったら男性と向かい合って話せないね」と笑う。

 実験は、環境省東北地方環境事務所が企画した「10年後の混浴プロジェクト」の一環。千人風呂は混浴と女性専用の時間帯に分かれているが、混浴の時間帯に入る女性が少ないとの調査結果から、混浴への抵抗感を減らそうと考えた。

 青森、岩手、秋田の3県にまたがる十和田八幡平国立公園内には古くからの湯治宿が14軒あり、多くが混浴だ。旅館業法など現行の法令では混浴の新設が事実上認められておらず、同事務所は「歴史的、文化的価値が高い」と強調する。

 だが全国的には混浴をなくす宿も少なくない。女性が入浴するのを待ち構える男らが出現したためで、その様子がワニに似ていることから温泉関係者の間で「ワニ族」と呼ばれる。公式の統計はないが、温泉家の北出恭子さんによると、混浴できる宿や共同湯は1993年に全国で約1200カ所あったが、2021年には約500カ所まで減ったという。

 酸ケ湯温泉もワニ族に悩まされてきたといい、男女別に入浴場所を分けるなどの対策をとる。担当者は「女性の入りにくさを減らすにはどうすればいいか考える必要がある」と話す。

 同事務所は、実験期間中に来た客にアンケートを実施。回答した男女約300人のうち女性の75%が混浴に抵抗があると答えたが、湯あみ着を着て81%が抵抗がなくなったとした。さらに男女ともに8割近くが、今後も湯あみ着の取り組みをしてほしいとした。

 同事務所職員で混浴プロジェクトを進める安藤巖乙(いわお)さんは、「混浴は湯治文化を形作る重要な要素。継承すべきだと思ってもらえるように取り組んでいきたい」と意気込む。

宮沢賢治が愛した温泉では

 北東北の湯守たちは、混浴をどう考えているのか。

 宮沢賢治が愛した岩手県花巻…

この記事は有料会員記事です。残り1948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら