手足を固定された男性が自宅で死亡 逮捕監禁容疑で同居家族3人逮捕

有料会員記事

黒田陸離
[PR]

 川崎市内の自宅で約4カ月にわたって長男(当時37)を拘束したとして、神奈川県警麻生署は31日、両親や妹ら家族3人を逮捕監禁容疑で逮捕し、発表した。監禁されていた場所は排泄(はいせつ)物も処理されなかったという。長男は昨年9月に死亡しており、司法解剖の結果、死因は排泄物に含まれる細菌による感染症だった。同署は保護責任者遺棄致死容疑を視野に捜査している。

 亡くなったのは川崎市麻生区栗木台5丁目の無職、横山雄一郎さん。逮捕されたのはいずれも同居していた無職の父親の直樹容疑者(70)、母親の順子容疑者(65)、妹の奈々子容疑者(36)の3人で、直樹容疑者は容疑を認め、順子容疑者と奈々子容疑者は否認しているという。

 署によると、3人は昨年5月4日ごろから同9月6日まで、雄一郎さんの両手両足を手錠などで固定するなどして自宅内に閉じ込めた疑いがある。9月6日に直樹容疑者から「息子が亡くなった」と同署に通報があり、署員が駆けつけたところ、雄一郎さんは自宅1階の階段付近で服を着ず手錠と足錠をつけて倒れていたという。

 容疑者らは調べに対し、雄一…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら