• アピタル

愛知で月曜最多3982人が感染 知事は「緊急事態」の必要性訴え

新型コロナウイルス

[PR]

 愛知県は31日、3982人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。月曜日に発表された感染者数としては過去最多。うち名古屋市は1249人だった。

 大村秀章知事は午前中の記者会見で「今週半ば以降、緊急事態宣言の発動に向けて対応すべきではないか」と、3大都市圏域を対象に緊急事態宣言の発出が必要だとの考えを示した。

 一方で、岸田文雄首相はこの日、東京都への緊急事態宣言の発出について「現時点においては、国としては検討していない」と述べており、午後の会見で大村知事は「(県として発出が)必要だと考えるからそう言った。どういう形で事態を抑えていくのか問われる」と語気を強めた。

 1月30日夜時点の入院患者は、861人(稼働中の専用病床1666床の使用率は37・6%)。重症は12人(病床使用率7・0%)、中等症は183人。ホテル療養は684人、自宅療養は3万645人となった。

 新たなクラスター(感染者集団)は、名古屋市の医療機関(22人)▽豊橋市の医療機関(19人)▽稲沢市の高齢者施設(23人)▽春日井市の高齢者施設(11人)▽豊田市の小学校4校(それぞれ10~15人)で確認された。

 県は、高齢者施設などでのスクリーニング検査を3月末まで実施する。約1万100カ所の職員約19万1千人が対象。県によると、1月1~27日に県内の高齢者施設では、767人の感染者が確認されたという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]