阪神・矢野監督は求心力保てるか 辞任宣言、過去の例は…

有料記事

伊藤雅哉
[PR]

 プロ野球阪神タイガースの矢野燿大(あきひろ)監督(53)が31日、4年目となる今季限りで退任する意向を表明した。この日、2月1日から沖縄県で始まる春季キャンプを前にオンラインでの取材に応じ、「今季をもって監督を退任しようと思っている。選手に伝えた」と話した。

 理由について「選手にも『悔いのない野球人生を歩んでもらいたい』『昨日の自分を超える日々を過ごしてほしい』とか言っている中で、俺自身退路を決め、来年は監督としてここに来ていることはないという気持ちを持って挑戦していきたかった。それがチームのためにも、選手のためにも、俺のためにもなると思った」と説明した。

前代未聞のタイミングで

 プロ野球の正月といえる2月1日を目前にした「今季で辞任」宣言は、前代未聞だ。

 退路を断って臨むという矢野…

この記事は有料記事です。残り740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!