駅ビルに車突っ込む、乗車の男女を搬送 巻き込まれた人はなし 大阪

鈴木智之、河野光汰
[PR]

 2日午後4時45分ごろ、大阪市天王寺区悲田院町のJR天王寺駅ビルに「車が突っ込んだ」と、通行人の女性から110番通報があった。

 府警天王寺署によると、軽自動車が駅ビル「天王寺ミオプラザ館」前のロータリーから歩道に乗り上げ、同館の壁面に衝突して止まったとみられる。運転していた60代男性と、同乗の50代女性が病院に搬送された。2人とも意識があるという。署が事故原因を調べている。

 現場は年始の買い物客らで混み合っていたが、巻き込まれた人はいなかった。

 近くの喫煙所にいた大阪市平野区の会社員の男性(50)は、通行人の「キャー」という悲鳴で異変に気づいたという。車は歩道のポールを「ガシャン」となぎ倒したという。「運転手は何が起きたのか分からない様子だった。焼け焦げたにおいがしたので、急いで車から引っ張り出した」

 現場を通りかかった東京都世田谷区の40代女性は「一歩間違えたら大惨事。自分が歩いていたらと思うと怖い」と話した。(鈴木智之、河野光汰)