【復路詳報】青学、大会新で2年ぶり総合V 復路も大会新 箱根駅伝

[PR]

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走箱根駅伝)は3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの復路(5区間、109・6キロ)があり、往路を制した青山学院大が、一度も首位を譲ることなく逃げ切り、10時間43分42秒の大会記録で2年ぶり6度目の総合優勝を果たした。復路の5時間21分36秒も大会新。

 2位には10分51秒差で順天堂大。3位に昨年覇者の駒沢大、4位に昨年3位の東洋大、5位には昨年の出雲駅伝を初出場で制した東京国際大が入った。

 9区、青山学院大の中村唯翔(3年)が、7・8キロ地点の権太坂で、2位で通過した順天堂大の野村優作(3年)に5分21秒の差をつけて独走。中村と、最終10区の中倉啓敦(3年)がともに区間記録の快走を見せた。

 8区はトップでたすきを受けた青山学院大の佐藤一世(2年)が独走。2位争いで、中盤過ぎに順天堂大の津田将希(4年)が、駒沢大の鈴木芽吹(2年)を引き離し始めた。16キロ手前での青山学院大と順天堂大との差は4分31秒。

 中継地点では青山学院大が首位を守り、4分32秒差で順天堂大。中央大が3位、東京国際大が4位、創価大が5位。駒沢大は6位に後退した。

 7区では、青山学院大の岸本大紀(3年)が、2位との差を1分半以上広げる快走を見せ、首位を守って8区へ。2位は4分51秒遅れで駒沢大、1秒後の3位で順天堂大が続いた。

 6区16キロ過ぎ、5番目にスタートした順天堂大の牧瀬圭斗(4年)が帝京大・北野開平(3年)、駒沢大・佃康平(4年)に追いついた。小田原中継所をトップで通過したのは、青山学院大の高橋勇輝(4年)。トップと3分18秒差で中継した2位の駒沢大は、スタート時のタイム差を10秒縮めた。3位は駒沢大から5秒遅れで順天堂大。帝京大、中央大が続いた。

 シード権内の順位は以下の通り。

 ①青山学院大②順天堂大③駒沢大④東洋大⑤東京国際大⑥中央大⑦創価大⑧国学院大⑨帝京大⑩法政大