オースティン米国防長官がコロナ陽性 5日間自宅隔離に

ワシントン=高野遼
[PR]

 オースティン米国防長官が2日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと声明で明らかにした。症状は軽く、自宅隔離をしながら業務に当たるという。バイデン大統領との最後の接触は12月21日だったとしている。

 声明によると、オースティン氏は休暇中に症状が出たため、1月2日に検査を受けた。今後5日間、自宅隔離に入るという。意思決定などを伴う重要な会議などは遠隔で参加し、ほかの業務はヒックス国防副長官が代理する。

 バイデン氏と面会をした12月21日は、オースティン氏に症状が出る1週間以上前だった。また同日朝に自身が受けた検査は陰性だったという。(ワシントン=高野遼)