1年前、君は待合室で泣いた 京都成章、あのトライの背景にある物語

有料会員記事

内田快
[PR]

 (3日、第101回全国高校ラグビー大会準々決勝 東福岡31―25京都成章)

 京都成章の背番号「24」、谷内亮太が加速した。

 ハーフウェーライン上で球を受ける。春の選抜大会王者・東福岡の選手3~4人が止めに来たが、身長185センチ、体重89キロの体ではじき飛ばした。

 花園で、この日1番とも言える歓声がわいた。

 後半もロスタイムに入って32分のことだった。このトライで点差を11に詰めた。

 「みんなが(背中を)押してくれるような感覚だった」

 湯浅泰正監督は涙を流した。

 「うちの秘密兵器だった。最後にみんなの気持ちをつないでくれた。感動しました」

 大きな期待を背負いながら…

この記事は有料会員記事です。残り856文字有料会員になると続きをお読みいただけます。