箱根にあこがれ一般入試の4年生 かけられた「ありがとな」の言葉

有料会員記事

辻隆徳
[PR]

 東京国際大の4年生、野沢巧理(たくみ)は一般入試をへて駅伝部に入った。

 高校時代は目立った成績を残せなかったが、譲れない思いがあった。

 「箱根で走りたい」

 2011年創部の新興校。それでも、全国高校駅伝などに出場経験のあるランナーが少なくなかった。

 最初は練習についていくのがやっと。さらに、貧血持ちで満足に走れない日もあった。3年生まで、一度も箱根を走る機会は巡ってこなかった。

 それでも腐らなかったことを、大志田秀次監督は知っていた。

 「10キロを走る練習でも…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら