「人生で大切なことは『推し』が教えてくれた」オカリナさん

有料会員記事

聞き手・才本淳子
[PR]

 好きなアイドルや、キャラクターを応援する「推し活」が注目されています。「推し」がいると暮らしはどう変わるのでしょうか。「朝から晩までそのことを考えている」という、お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナさんに、最近の推しライフについて聞きました。

■オタクが生きやすくなった

 「推し活」とか言って、女性誌でも取り上げられるようになり、世の中ずいぶん変わりましたよね。

 中高生時代からオタク気質。特に漫画はずっと好きで、聖地巡礼とかもやっていました。私はなにも変わらないけれど、周りが変わったと思います。

 今でこそ「推し活」が特集されて、プラスに取り上げてもらうことも多くなりましたが、ずっと仲間内以外に表立って言う趣味ではない認識でした。

 堂々といろんな人に「好き」を熱く語れて、フィギュアを買い集めていても周りの目が気にならない。むしろ、「語ってください」と取材を受けることもある。いくらでも語れますよ~。オタクも生きやすくなりました。

 私の今の推しのメインは、漫画「ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)」と、アイドルグループの「BOYS AND MEN」です。

 イベントに行き、ツイッターで情報収集し、関連グッズも集めまくっています。

 けっこうお金を使っていますが、私にとっては感謝と応援の気持ち。そのぶん、幸せをいただいていますから。

■人生で大切なことは推しが教えてくれた

 私自身、本当に頑張れない人…

この記事は有料会員記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。