第2回お金なし保証人なし歓迎の賃貸業者 「ないない尽くし」に寄り添う

有料会員記事

編集委員・堀篭俊材
[PR]

連載「考」2022年の先へ

 いまは珍しい屋内の土壁が、築年数の古さを感じさせる。

 大阪府大東市の住宅街。長屋のようなつくりで、隣家と壁でつながる木造2階建て3DKで暮らす女性(81)は、家賃を必ず手渡しすることにしている。「もう年やし、歩くのはしんどい。受け取りに来てくれるのは、助かる」

 2カ月分の家賃7万円を受けとった大家の松本知之さん(42)は「こっちも元気な顔をみると安心するわ」と、領収証のつづりにハンコを押した。

連載「考」 2022年の先へ

新しい年、そしてその先の未来に、経済社会はどこへ向かうのか。私たちに何が問われているのか。様々な分野で取材を重ねてきた経済記者たちが、テーマごとに現場を訪ねながら、コラム形式で考えます。

 魚屋だった夫に10年前に先…

この記事は有料会員記事です。残り2438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。