• アピタル

札幌でオミクロン株感染者、北海道で初確認、関西からの帰省客

新型コロナウイルスオミクロン株

松尾一郎、佐藤亜季
[PR]

 北海道の鈴木直道知事は4日、関西方面から札幌市に帰省中の40代男性が新型コロナウイルスに感染し、その後のゲノム解析で変異株「オミクロン株」と確認されたと発表した。道内でのオミクロン株の感染確認は初めて。道外で感染し、道内での行動範囲も限られていることなどから、道は現時点で市中感染ではないとしている。

 道などによると、男性は昨年12月27日、関西方面から飛行機で新千歳空港に到着。その後、道外の知人が新型コロナの陽性者と判明したとの連絡を受けたため、自ら札幌市保健所に連絡したという。陽性判明後にゲノム解析を行ったところ、4日にオミクロン株と確定した。男性は軽症で医療機関に入院中という。

 現在、札幌市が中心となって、機内で近くの座席にいた乗客ら濃厚接触者の追跡調査を行っているが、これまでに他の感染者は確認していないという。松尾一郎、佐藤亜季)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]