「脱炭素は変革のチャンス」 九州電力社長が語る企業成長の具体策

有料会員記事

聞き手・北川慧一
[PR]

 脱炭素社会の実現に向けた具体策が問われる中、九州電力は2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする行動計画をたてた。池辺和弘社長に戦略を聞いた。

     ◇

 脱炭素という世界的な潮流は、大きな転換期だ。サステイナビリティー(持続可能性)に対する姿勢が問われている。経営環境の変化を変革のチャンスととらえて、さらなる企業成長につなげたい。

 九電は再生可能エネルギーの導入を国内外で加速する。今後の普及が期待される洋上風力発電について、北九州市沖で他社と共同で建設する方針だ。風車をつくって送電線をひくには、地元の理解が欠かせない。火力発電所や原発の建設、運営で地域の理解を得てきたこれまでの知見を再エネの開発に生かしたい。

 海外でも進出先の需要をふま…

この記事は有料会員記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。