米国の高速炉計画に日本参加へ 廃炉「もんじゅ」のデータも提供

有料会員記事

長崎潤一郎、川村剛志
[PR]

 米国の原子力企業による高速炉の開発計画に日本が参加することが分かった。日本原子力研究開発機構三菱重工業が技術面で協力する。高速炉は原発使用済み核燃料再利用する「核燃料サイクル政策」の中核施設だが、日本では高速増殖原型炉「もんじゅ」福井県)が廃炉となり、実用化は見通せない。それでも日本政府は研究開発を続ける方針で、協力を通じて技術の獲得をめざす。

 参加するのは、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が会長をつとめるテラパワー社が米ワイオミング州につくる高速炉計画。研究開発段階の実証炉で、米エネルギー省の支援を受け2028年の完成をめざす。建設費は約40億ドル(約4600億円)とみられる。

 経済産業省などによると、テラパワー社から日本側に協力要請があったという。廃炉となったもんじゅや、停止中の実験炉「常陽」(茨城県)の研究データを原子力機構が提供するほか、既存の試験施設の活用も検討している。1月中にも合意する見通しで、協力する内容を詰めている。

 高速炉は、高速の中性子を使…

この記事は有料会員記事です。残り453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら