北海道江別市、パートナー制度を年度内導入 札幌市に続き道内2例目

戸田拓
[PR]

 北海道江別市は、LGBTなど性的少数者カップルの関係を公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を、早ければ年度内にも導入する。三好昇市長が4日、記者会見で明らかにした。

 同市では2018年度に市民団体から要望を受けたのを機に、市の男女共同参画審議会などで制度導入を検討してきた。市営住宅入居や市立病院での手術の同意など、利用できる行政サービスを精査している。携帯電話契約での割引適用や生命保険の受取人指定など、家族が対象となっている民間のサービスにも協力を呼びかけるという。

 今月下旬の同審議会で要綱案が承認される見通しで、道内では17年度に導入した札幌市に続く2例目を目指す。(戸田拓)

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]