アドベンチャーワールドで成人式

勝部真一
[PR]

 和歌山県白浜町成人式が4日、同町のアドベンチャーワールド(AWS)で開かれた。新型コロナウイルスの終息が見えない中、「夢を持ってほしい」と井澗誠町長がAWSに協力を依頼し、初めて実現した。

 AWSでの成人式は、2020年度の新成人を対象に、いったんは昨年5月に予定されたが、コロナ禍で見送られ、オンライン開催となっていた。

 今年度の対象の新成人は234人。AWSでは新成人とその家族を無料で招待した。この日、園内のビッグオーシャンで開かれた式には、新成人156人と家族229人が出席。井澗町長やAWSの今津孝二園長らがお祝いの言葉を贈り、成人代表の中本朱優さんが、「人に寄り添う温かい心を持ち、社会に貢献していくことを誓います」と決意の言葉を述べた。

 式ではAWSからイルカによるショーのプレゼントもあり、新成人らは迫力あるジャンプなどに見入っていた。

 島美沙季さん、美乃里さん姉妹と上地志萌さんは中学、高校の同級生。大学では香川、奈良、京都に分かれてしまったが、この日は家族らとともに園内を見て回った。「大学に入ってオンライン授業が多かったが、通常の授業も増えてきた。人と協力して活動をしたい」などと新成人の抱負を話していた。(勝部真一)