NY株、2日連続の最高値 新型コロナ拡大でも経済堅調との見方

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 4日の米ニューヨーク株式市場で、主要企業で構成するダウ工業株平均が2日続けて過去最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染が拡大しても強い行動制限などは導入されず、米国経済は拡大が続くとの見方から株が買われた。終値は、前日より214・59ドル(0・59%)高い3万6799・65ドル。

 米国の長期金利が上昇したことで、収益が拡大することへの期待から金融機関の株価の値上がりが目立った。一方、金利が上昇したことで、相対的に投資の魅力が薄れたIT企業の株価は下落。ハイテク株が中心のナスダック総合指数は前日より1・33%下落した。(ニューヨーク=真海喬生)