神宮のサイレンは原点 六大学史上初の女性主務、元慶大部員の日々

有料会員記事

野田枝里子
[PR]

 ウゥゥゥ~~……。

 秋空にサイレンの音が響き渡る。神宮球場で昨年10月にあった東京六大学野球早慶戦。優勝を決めた慶大に歓喜の輪が広がるのを、小林由佳さん(25)は三塁側スタンドで見守った。

 マウンド上で抱き合う4年生は、小林さんが4年生だったころの1年生だ。胸が熱くなる。試合終了を告げるたった5秒の音が、全力で駆け抜けた、あの日の記憶を呼び起こす。

 2018年。慶大野球部マネ…

この記事は有料会員記事です。残り1165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。