人生120年?「命の時間」の錯覚と凝視する心 穂村弘さん

有料会員記事

[PR]

言葉季評

 タクシーの中で、テレビ画面に流れる広告動画をぼんやり眺めていた時のこと。

 「〇〇を選んだ理由は120歳まで生きたいから」

 ミネラルウォーターのコマーシャルらしい。若い男性のタレントが真面目な顔で語っていて、おっ、と思った。そうか、とうとうそこまで来たのか。そこまでとは、人間の寿命についての意識のことである。

1962年生まれ。歌人。エッセーや評論、絵本も。著書に歌集「シンジケート[新装版]」「鳥肌が」「絶叫委員会」「短歌の友人」など。

 幼い頃、私は「巨人の星」という野球アニメに熱中していた。その中で、主人公である星飛雄馬の父一徹が、こんなことをいっていた。

 「人生60年というが……」

 1960年代終わりごろの、平均寿命についての一般的な認識は、それくらいだったのだろう。

 だが、その何年か後に始まった別の野球アニメ「男どアホウ!甲子園」の主題歌の歌詞には、「どうせ人生 七十年だ」という一節があった。初めて聞いた時、あれっ? と思ったものだ。「巨人の星」から、10年延びてるじゃないか。

 実際に、日本人の戦後の平均…

この記事は有料会員記事です。残り1519文字有料会員になると続きをお読みいただけます。