• アピタル

広島県内、新型コロナ感染が2日連続の100人超 成人式延期相次ぐ

新型コロナウイルス

三宅梨紗子、比嘉展玖
[PR]

 広島県内では5日、新たに138人の新型コロナウイルス感染が発表された。前日の109人を上回り、2日連続で100人を超えた。

 内訳は広島市62人、廿日市市16人、海田町13人、東広島市12人、府中町8人、福山市6人、安芸太田町5人、大竹市尾道市各4人、三次市、呉市各2人、府中市1人、東京都在住3人。

 広島県と隣接する山口県岩国市にある米軍岩国基地はこの日、基地関係者182人が新型コロナウイルスに感染したと発表。岩国市は同日、新たに70人が感染したと発表した。

 米軍岩国基地内での感染拡大を受けて、湯崎英彦知事は4日、基地司令官などに基地内での感染者に関する情報提供や、感染防止対策の徹底を求める緊急要請を出した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、広島、大竹、廿日市の3市は5日、10日に開催予定だった成人式を延期すると発表した。

 広島県内では8日から10日の3連休に、広島市や福山市など19の市町で成人式の開催が予定されている。

 このうち広島市は、10日に予定していた成人式を5月8日に延期する。西区の広島サンプラザホールを会場に対面で式典を行う。密集を避けるため4部の入れ替え制とし、オンラインで同時配信する。今年度の市の新成人は約1万2千人。

 大竹市と廿日市市も10日に開催予定だった成人式の延期を決めた。廿日市市は昨年度の新成人向けの式典も9日に予定していたが、延期する。いずれも新たな日程は未定という。(三宅梨紗子、比嘉展玖)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]