• アピタル

27人感染、3カ月ぶり20人超 キャンプ富士は計46人に

新型コロナウイルスオミクロン株

玉木祥子、和田翔太
[PR]

 静岡県と静岡、浜松両市は5日、新型コロナウイルスで新たに27人の感染を確認し、発表した。20人を超えるのは昨年10月2日以来約3カ月ぶり。

 自治体別では静岡市浜松市で各5人、沼津市裾野市富士市で各4人、県外で2人、島田市牧之原市長泉町で各1人だった。

 静岡市は5日、変異株「オミクロン株」の感染者を新たに1人確認したと発表。県外在住の高齢でない成人男性で、年末に帰省した直後に発症したことから、市は帰省前に県外で感染した可能性が高いとみている。県内のオミクロン株感染者は計9人となった。

 また、オミクロン株の感染者がすでに5人確認されている米軍施設「キャンプ富士」(御殿場市)は、昨年末から5日までに計46人が新型コロナに感染したと公表した。同キャンプのフェイスブックなどによると、年末に10人が感染。4日までに新たに31人、5日に5人の感染が確認された。

 県と御殿場市、小山町、裾野市、地元の土地所有者などでつくる団体は12月31日に同キャンプと防衛省南関東防衛局に対して、感染対策の徹底を求める申し入れをし、1月2日には同局が独自に同キャンプに申し入れたという。5日、同キャンプの司令官から県や御殿場市などに「感染拡大を迅速かつ積極的に阻止する」とコメントが出された。コメントでは、不要不急の基地外への外出自粛や外泊の禁止など感染対策の徹底に取り組むとしている。(玉木祥子、和田翔太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]