北朝鮮、「極超音速ミサイルの試験発射」と発表 5日朝に飛翔体

有料記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は6日、北朝鮮の国防科学院が5日に極超音速ミサイルの試験発射を行ったと報じた。米韓は5日朝に、北部の慈江道から日本海に向けて発射された短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を確認していた。

 同通信によると、ミサイル発射後に分離された弾頭は、700キロ先に設定された目標に誤差なく命中したという。発射後に方角を変え、120キロを「側面機動した」とも伝えた。水平方向に変則的な航跡を描いたとの主張とみられる。

 国防科学院は今回の試射で、ミサイルの飛行操縦性と安定性を再検証し、新たに導入された「側面機動技術」の能力を評価。変則的に飛ぶ弾頭の「操縦性と安定性がはっきりと誇示された」としている。

 また、報道では、極超音速ミ…

この記事は有料記事です。残り335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!