都心では積雪10cmを観測 東京23区と千葉で大雪警報

吉沢英将
【動画】東京都江東区の門前仲町では6日、道行く人が傘を差しながら、寒そうに歩いていた=小林一茂撮影
[PR]

 太平洋沿岸にある低気圧の影響で、関東南部を中心に6日は大雪となり、東京23区や千葉県茨城県南部では大雪警報が出された。都心では、夜までに4年ぶりとなる10センチの積雪を観測。最高気温は2・6度にとどまり、19年ぶりに3度に届かなかった。

 気象庁によると、都心以外で6日夜までに観測された積雪の深さは、横浜市8センチ▽千葉市7センチ▽さいたま市2センチ▽つくば市8センチなど。7日未明まで雪が降るところもあるという。

 大雪をもたらしたのは太平洋にある「南岸低気圧」で、湿った空気を上空へ引き上げて雲を発生させ、北からの寒気と重なって雪を降らせた。(吉沢英将)