山口県、「まん延防止等重点措置」の要請へ 岩国市と和木町が対象

新型コロナウイルス

高橋豪
[PR]

 山口県は、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」を適用するよう、政府に要請する方針を固めた。対象は県東部の岩国市和木町で、6日午後に開く県の対策本部会議で正式に決める。適用期間は9日から31日までとする方向で要請することを検討している。

 県関係者への取材でわかった。重点措置が適用されれば、山口県内では初めてとなる。

 山口県内では、米軍岩国基地がある岩国市を中心に新型コロナの感染者が急増。5日は104人の感染が発表され、昨年8月19日以来139日ぶりに100人を超えた。5日までの2週間に感染が確認された住民ら計325人のうち岩国市内は230人で、全体の7割を占める。

 このため、県は政府に対し、重点措置の適用を6日にも要請する方針。岩国市と和木町は隣接していて生活圏が一体。重点措置が適用されれば、対象地域の飲食店に営業時間の短縮などを要請するとみられる。(高橋豪)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]