東海の地に本物の「虎舞」を 本場・釜石出身のレジェンドは決意した

有料会員記事

岡田真実
[PR]

 寅(とら)年に向けた話題を探していた。見つけたのが「虎舞」。虎の頭(かしら)を持って踊る獅子舞に似た芸能らしい。愛知県東海市に虎舞愛好会があることもわかった。岩手県釜石市に古くから伝わるもののようだ。虎の頭と胴に見立てた幕の中に2人が入り、おはやしに合わせて踊る。東海市には、日本製鉄名古屋製鉄所(旧東海製鉄)があり、製鉄業の盛んな釜石市から移り住む人が多いと聞いた。きっとその関係で東海市に虎舞があるのだろう。

 「『レジェンド』に会わせるから、その人に聞いてみて」

 取材にいった東海市虎舞愛好会の担当者にいきなりそう言われた。

 案内された先にいたのは鈴木国勝さん(81)。1964年、釜石製鉄所から当時の東海製鉄に転勤してきた。故郷の釜石市を離れ、定年退職したいまも東海市で暮らしている。

 転勤後まもなく、鈴木さんは…

この記事は有料会員記事です。残り1310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。