中央道で正面衝突、軽乗用車の女性死亡 30キロ逆走か

[PR]

 6日午前1時ごろ、相模原市緑区与瀬の中央道下り線で軽乗用車が道路を逆走し、乗用車と正面衝突した。警視庁によると、軽乗用車を運転していた広瀬由紀子さん(41)=山梨県富士吉田市=が全身を打って死亡した。車内には山梨県都留市のインターチェンジで発券された通行券があり、同庁は30キロにわたって逆走した可能性があるとみている。

 高速隊によると、現場は片側2車線の緩やかなカーブで、追い越し車線を逆走していた軽乗用車と正しい方向に走っていた乗用車がぶつかった。乗用車を運転していた会社員の女性(58)=甲府市=も肩や胸の骨が折れる重傷を負った。軽乗用車は別の乗用車とも接触した可能性があるといい、同隊が確認している。

 事故の影響で、現場は約6時間通行止めになった。